ノーカントリー①

世の中には星の数ほどの映画がありまして、人によって好きな映画っていうのは千差万別、各々違ってくるものです。

自分にとってかけがいのない忘れがたき作品のパンフレットも他人にとってはケツを拭く紙にもなりゃしねぇってのは往々にしてよくある話です。

それが良いことなのか悪いことなのか、善悪の彼我をどうこう言うのは詮無きことなのかもしれません。

「みんな違ってみんないい」という学校の先生が言いそうな言霊を軽々飲み込んでしまう度量を映画という娯楽が持ち合わせている証明なのかもしれません。

 

…でもやっぱり自分の好きな作品をコケにされるとはらわた煮えくり返る思いじゃコノヤロー!!!!(前回のレビューは小噺程度に…)

 

んで今回は割と評価の分かれる、でも個人的にはとっても好きなノーカントリーという作品を紹介します。

 

・死神シガーがもたらすもの

この映画には控えめに言ってものすげーキ○ガイがいきなり出てきます。

家畜の屠殺に使われる空気銃を片手に曖昧な表情でノソノソノソ…気だるげに歩くハビエル=ベルデム演じる殺し屋シガーなのですが

まず顔がでかすぎてビビります。

もともとハビエル氏のでかい顔が映画的演出で更に大きくなっているので

だんだん顔だけが別個の生命体のようにみえてはっきりいって初見からめちゃくちゃ関わりたくねぇ…という直感が働きます。

f:id:fuku_suzuki:20170715105713j:plain

(怖いよー)

ニンテンドー64FPS黎明期の傑作007ゴールデンアイやたら顔がでかくなるアレを彷彿とさせます。

勿論気持ち悪いというのは映画的演出がそうさせるのであって

ハビエル氏の俳優としての凄みとコーエン兄弟率いる制作陣の力量と懐の深さに直結しているのは言うまでもありません。

落ち武者ち○こ頭もといエイリアンもあのゲロゲロなグッドルッキングで一世を風靡しました。映画界における気持ち悪いは誉め言葉なのです。

絶賛公開中のパイレーツオブカリビアンの最新作でも悪役で登場しているそうなのでそれを見たキッズたちがハビエル氏繋がりでこの作品を間違っても見ないように親御さんはしっかり手綱を握りしめる必要があります。

 

でこのシガーさんもう初っ端から殺る気満々、そこかしこで死の暴風雨の如く人をぶっ殺しまくる訳ですが

劇中ガソスタのおっさんと色々あってコイントスをする場面があり、その場面では割とどうでもいい人間を殺すか殺さないか決めかねているときはとりあえず相手とコイントスしてから決めるという独自の俺ルール・マイ哲学を披露するあたり若干ながら矜持のようなものも持ち合わせているらしく

それがまたシガーという人間の正体不明さ・不気味さを一層際立たせるのに役立っています。

我々が抱くシガーに対する恐怖の根源は何をしでかすかわからないという一点で、それは満員電車でいきなりキ印の人と遭遇してしまった時の焦燥感、不安と若干似ています。

シガーがそれ以上なのは明白ですが彼自身が周りに死をまき散らす恐怖そのもの。

なおかつなんの前触れもなく突然と、圧倒的な暴力で命を奪い去るという迷惑極まりない諸行無常の切ない響きをコーエン兄弟はこの人物を通じて大変上手く表現しています。

 

f:id:fuku_suzuki:20170715114104j:plain

(今日もやったるデー)

 

この作品の一応の主人公は語り部として機能しているトミーリー・ジョーンズ扮するベル保安官らしいのですが彼自体はつぶやきシローのように観客に語り掛けるような設定で特に物語をひっかきまわしたりすることはありません。

理由に関してはこの映画の元々の原題「No country for old men」の意味と映画自体を最後まで見るとわりと簡単に分かると思います。

理不尽で唐突な死をもたらす者について深く深く嘆いています。

シガーはそんな老保安官をよそに殺戮の限りを尽くすわけですが…

 

夜勤明けで眠いので次回に。見ていただいてありがとうございました。

次項はコーエン兄弟独特の地味とシュールの間の絶妙なバランス感覚について触れたいと思います。生きててすいません。

 

 

スターウォーズ EP7 フォースの覚醒

遠い昔、遥か彼方の銀河系で…

 

ワクテカすぎる予告編を経て満を持して公開された今作品。

概略についてはもはや説明不要かもしれません。

 

大人の事情でディズニーに買収されたルーカスフィルムが放つ渾身の期待作にして公式続編。

鬼に金棒、メイクはカネボウディズニーにライトセイバー

新たなるサーガの誕生をファンは心待ちにしていたのだった。

 

f:id:fuku_suzuki:20170713000018j:plain

この人も草葉の陰で泣いて喜んでるに違いない。(死んでない)

 

…そのはずだった。

 

蓋を開けてみるとところがどっこい!!

 

シリーズ初、ポニーテールのねーちゃんが銀河系随所でにらめっこを展開し!

f:id:fuku_suzuki:20170712235810j:plain

(何見てんだコラ!)

 

元主人公は色々あってなんか岩だらけの孤島に引きこもり!

f:id:fuku_suzuki:20170713200813j:plain

(銀河系全体に散々迷惑かけたくせに登場シーンは無駄にかっこいい)

 

 

 

よくわからないけどとりあえずISISに入ってみましたみたいな今時のにーちゃんは

f:id:fuku_suzuki:20170712234907j:plain

(いつみてもすっとぼけた顔をしている)

 

予告編でグワシッ!を敢行して全世界のSWファンのおまたの水分農場をジュンとさせてくれたあの男だった!

f:id:fuku_suzuki:20170712235340j:plain

(ぐわしっ!)

f:id:fuku_suzuki:20170712235537j:plain

 

本作を見た前述のルーカス氏曰く

 

「懐古主義に走りすぎている」

 

「奴隷商人に売り渡してしまった。」

 

とISISもびっくりの夢の国を根底から揺るがすなんとも過激すぎる発言。

 

大人の事情で上記の発言はソッコー謝罪&撤回。)

 

もっとも、齢70を超え、もはや怖いものはミッ○ーマウスとリアル格闘家の娘さん↓

f:id:fuku_suzuki:20170713195443j:plain

(見切れた「俺の」がめっちゃ気になる)

 

くらいのルーカス御大ですからおそらく

 

「誰が続編を作ろうがとりあえずなんか言う」

 

スタンスを貫いていたと思います。

いくら売り渡したとはいえ生みの親ですしね。レジェンド枠。

ちなみにローグワンは手放しで褒めてます。

 

で実際のところどうだったのか?といいますと

私個人的には微妙だった…と言わざるを得ません。

こんな偉そうなこと書いて

 

「お前は偉そうな口ばかり利いてるが本当のSWを知っているのか?」

「ルーカスの意見を鵜呑みにしているだけじゃないか?」

「ブログにネチネチと批判記事書いて面白いのか?」

「実家のペコちゃん(マルチーズ12さい)は元気にしてるのか?」

 

と言われれば全くすべてにわたってその通り

ぐうの音もでず自らの打たれ弱さを呪いながらすぐ寝込んでしまうくらいなんですが

 

私は確実ににわかの領域にいるSWファン

 

だからこそこの作品をある程度突き放した状態で見ることが出来たんじゃないかなと

思いあがっています。

 もちろん熱狂的ファンの間でもこの作品への批判は普通にあったのでまぁなんというか…立ち飲み屋でおっさんが息巻いているくらいの小噺だと思って、下記は読み流すのが賢明です。

 

 個人的に素晴らしかった点

・序盤の空中戦は迫力満点

・よりミニマル・簡素化されたキャラのデザイン(若干北欧デザイン風味?)

トンファーっぽいの振り回してるストームトルーパーがまじでかっこよかった。(小学生)

個人的に良くなかった点

魅力的な悪役の不在

・登場人物の個性の弱さ

・焼き直し感が強い

 

以下レビュー

 

序盤のミレニアム・ファルコン号とTIEファイターの仁義なき追いかけっこは燃えました。

個人的にTIEファイターのデザインがとても好きで(LINEで知り合った人曰く人工衛星がモチーフだとか)あの

「ぶおおおおおおおおおおおお!!」

という飛行音はあの独特の形状も相まってまさにSWを代表する一つのアイコン的存在ではないでしょうか。

(余談ですがスレーブワンが攻撃の際放つ「ヒョヒョヒョヒョ!!!!」もいいですよね)

 

SWという作品は実は敵キャラ・敵ビークルに果てしない魅力を見出すことが出来る数少ない優良コンテンツだということを生かして

あえて原形を留めたTIEファイターやXウィングを作中でバンバン使っていたのは本当に素晴らしい判断だと感じました。

というわけでビークル同士の手に汗握るファイトシーンは素晴らしかったのですが、

ルーカスが掲げる

「SWは全ての家族の問題を描いている」

という点においてこの作品はそのテーマに合致していたのかというと私はそうは思いませんでした。

(別にルーカスが100%正しいわけではないしテーマにそぐわなくても面白ければいいのかもしれませんが!

 

・魅力的な悪役の不在

個人的にはこれが一番大きなネックポイントでした。

ベイダー卿…善と悪の狭間で揺れ動くアナキン、ダースモール、諸悪の根源銀河帝国皇帝パルちゃん

今までのSWには共通して魅力的な敵キャラクターが存在していました。

 

EP1~3のアナキンと今回のカイロレンは似ているという指摘もありましたが

愛する女性の死とルークとの出会いを経て「フォースにバランスをもたらす者」として覚悟を決めた男(I am your tochan!)と

八つ当たりしちゃう☆とばかりに船の中で光棒を振り回すパンピーとじゃ(劇場でここは笑うところなのかと無駄に深読みし真剣に悩んだ人は私だけではあるまい) 

 単純に悪役としての格が違うのではないかと。

 

パルちゃんのように裏で糸を引いていたわけでもなく、覚醒したばっかりのにらめっこ最強女にもライトセイバー振り回し合戦で危うく殺されそうになり

自身もルークを裏切ったくせにフィンに裏切りもの!と堂々と難癖つけちゃう辺り

作品終盤には

「なんじゃこのすっとこどっこいは!!」

と心の中で総突っ込みしていました。

 

等身大の不安定な悪役という意味では新ジャンルなのかもしれませんが

それならばせめて脇を固める小悪党や裏方の強大な悪をもっと生かすべきではなかったのかなと感じます。

 

予告編時は一瞬だけですが鼻汁が飛び出るほどカッコよかったキャプテンファズマ氏がきっとジャンゴフェットばりに大活躍してくれるんだろうなぁと淡い期待を頂いていたらソッコーさるぐつわ状態。リスカしょ…

 

やたらでかい裏ボスっぽいスノークは(ユージャンボング?)はいきなりホログラムで出てきていきなり消えるという長州橋本の何がやりたいんだコラ!を体を張って実践し

 

カイロレンと馬が合わないうだつの上がらない軍のおっちゃんはEP6と全く同じ穴の狢でスターキラー基地をソッコー破壊される始末。

 

ファーストオーダーは採用活動にもっと金をかけたほうがいい。

 

というわけで魅力的な悪役の不在が私にとっては不満点でした。

 

ただSWというものはもうジャンル自体が市民権を得ている

いわばアメリカの伝統芸能みたいなもんでもう誰が何を作っても新たなる銀河系の1ページとして刻まれていくわけで

私がこんなとこで一人悲しく管巻いていても圧倒的な資本力で次の次までどんどんどんどん作られていくからしんぱいはいらないんだなぁ。 みつを

 

ただせめて次回作にはもう少し魅力的な敵キャラを配置してほしいです!

(グリーヴァスさんレベルで大歓迎!)

 

というわけで次回作に期待大!荘厳なるSWサーガはどこまでも続く!